クレトイシHOME企業情報CSRの取り組み環境マネジメントシステム

企業情報

環境マネジメントシステム

環境方針

【基本理念】

クレトイシ株式会社は、資源のリサイクル、省資源、省エネ活動等を推進し、より良い地球環境の実現に向け、
社会に奉仕します。

【基本方針】

  1. 環境に影響を与える全ての事業活動、製品及びサービスについて、全従業員で取り組みます。
  2. 環境関連法規制、条例及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. 環境負荷に配慮した製品の提供、廃棄物の減量化と再資源化及び省エネルギーに取り組み、
    地球環境保全と環境汚染の予防に努めます。
  4. 環境目的、環境目標を定めて実行すると共に、定期的に環境マネジメントシステムの見直しを行い、
    継続的な維持改善に努めます。
  5. この環境方針は全従業員に周知すると共に、一般の人が入手可能とします。

クレトイシ株式会社

取組み

3R

3Rを進めることで資源を有効に活用し、排出物を減量させる活動を進めています。

・Reduce-限りある資源を有効に活用するため、製造工程の見直しや原材料の変更による廃棄物の抑制を行っています。
・Reuse-製品の梱包材や部品など、何度も繰り返して使用することで資源の無駄遣いを抑制しています。
・Recycle-各職場から発生する廃棄物は、細かく分類されリサイクルされています。

省エネルギー

研削砥石を製造するためには燃料および電力を多く使用します。エネルギーロスを少なくし、より効率的な製造を行うことで石油資源の消費を抑え、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量を抑制しています。

排ガス対策

排ガス中に含まれる有害物質や悪臭など、環境に影響を与える項目については監視体制を構築しています。
焼成後の脱臭装置の設置など設備の改善により、環境に悪影響を及ぼさないように努めています。

環境負荷物質の低減管理

生態系や人体に大きな影響を与えるのが環境負荷物質です。
クレトイシではPRTR対象物質の使用状況と排出状況を管理しています。
これら環境負荷物質の取扱い量の削減計画を立て、取り組んでいます。

環境のあゆみ

西暦 クレトイシの取り組み
1919年 呉製砥所として創業
1965年 社名をクレトイシ株式会社に改称
1999年 「環境会議」を毎月開催
2000年 資源リサイクル推進室を設置
リサイクル工場稼動開始
2001年 広域再生利用指定産業廃棄物処理者指定を取得
2002年 環境管理室を設置
2003年 環境方針を制定し、社内外に広く宣言
中長期的な環境目標として環境マネジメントプログラムを制定
環境マネジメント推進委員会を設置
呉工場、呉地区がISO14001の認定取得
2004年 産業廃棄物広域認定制度に基づく「認定証」取得
2005年 千葉工場がISO14001の認証取得
2008年 台湾クレトイシがISO14001の認証取得